「どんな生き物もいた方がいいんです。

それがボクたちの幸せにもなるんだ。」
(主人公 湧(ゆう)のセりフ)




世界各地の「命の輪」を学ぶ旅をし、日本に帰ってきた主人公 湧(ゆう)

自分の町の命の輪をつなぎもどすため、まず学校の中に*)ビオトープを作ることから始めます。

その試行錯誤(しこうさくご)の日々の中でのある一幕(ひとまく)−−−−−。



*)ビオトープ:ドイツ語で「生き物のすむ場所」という意味です。





トップにもどる     次に進む

Copyright(C)2002-2004 Radeck・Kujirai/Akihiko Tsuyama. All Rights Reserved.